メルマガでも無料レポートでもそうですが、 読ませたりダウンロードさせるには
タイトルというものが非常に重要です。
 
メールボックスに届く数多くのメールの中で、 あなたのメールを
一番に開いてもらうにはどうしたらいいか。
 
無料レポートをダウンロードしてもらうにはどうしたらいいか。
 
これは、まずタイトル。
 
そして、ブランドや信頼感ですね。
 
タイトルについて、アマゾンの売れ筋本から私の独自の視点で厳選したタイトル達を
コメントを交えながら紹介していきます。
 
 
売れている本というのは、タイトルが上手いです。
 
本と言うのは、アマゾンで買う場合などは基本的に中身が見れません。
中身が見れない状況で何を購買の判断基準にしてるかと言えば、
タイトルなんですね。
 
タイトルが魅力的であれば、人はアクションを起こすものなんです。
 
売れている本と言うのは、他の商品よりもタイトルが上手いから売れるんですね。
どんなに良い内容が書いてようが、 中身を見てもらわなければ
意味がありません。
 
 
上手いタイトルをアマゾンの売れ筋から学び、 ぜひ自分のメールマガジンの
タイトルや無料レポートのタイトルに 生かしてください。
 
それでは、アマゾンの売れ筋本の中から、 私がこれは上手いなぁと思ったタイトルを
紹介していきます。
 
 
 
『無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法 ―勝間和代』
 
アマゾンのビジネス本のランキングでかなり前ですが7位に入ってた本です。
これをちょこっと変えれば色んなタイトルに応用できそうですね。
「無理なく続けられる 年収10倍アップの習慣」とか。
 
 
『世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身に付く―渡辺健介』
 
これは、テレビとかでも紹介された本ですね。
私も持っています。
 
これも色んなアレンジが出来そうですね。
「世界一やさしいTOEIC900点GETの授業」、
「世界一やさしい副業で独立への授業」などなど。
 
 
『年棒5億円の社長が書いた 儲かる会社のすごい裏ワザ―平秀信』
 
これも、実績のある人でしたらアレンジしてタイトルつけれそうですね。
 
 
ここからは、アマゾンの投資関係の本からの抜粋です。
 
 
『株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる―中原圭介』
 
「アフィリエイトでの稼ぎ方はすべて無料レポートが教えてくれる」
なんてのは どうでしょうか。
他にも色々考えられそうです。
 
 
『臆病者のための株入門―橘玲』
 
これも、色んなジャンルで使えそうですね。
 
 
『投資信託選びで一番知りたいこと―朝倉智也』
 
何かを比較するようなジャンルで使えそうですね。
 
 
『FX で稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? 利回り100%の外貨投資戦略―松田哲』
 
これは、お金を稼ぐ系のジャンルでは使えそうです。
「アフィリエイトで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも稼げるのか?サイト量産戦略に迫る」
など。
 
 
このようにして、色々と本のタイトルからヒントを得る方法は 結構お勧めですよ。