それでは本日は、 Amazomazonの売れ筋本に学ぶ 読ませるタイトルの付け方Vol.3を
書いていこうかと思います。
 
 
『説明上手になれる「らくがき」の技術―ミリー・ソネマン』
 
「○○上手になれる「▽▽」の技術」といったように応用できそうです。
 
 
『仕事で頭一つ抜きん出る裏トーク術―佐藤昌弘・堀之内高久』
 
「○○で頭一つ抜きん出る▽▽術」というように応用出来ますね。
 
 
『恥をかかない!すぐに身につく!場面別敬語の正しい使い方―尾形圭子』
 
初心者の方向けのタイトルに使えますね。
 
 
『日本一わかりやすい会社の作り方―坂上仁志・小笠原耕司』
 
「日本一わかりやすい英文法」とか「日本一わかりやすいSEO 対策」 とか
色々考えられますね。
 
 
『リーダーのためのとっておきのスキル―石田淳・小阪裕司』
 
「○○のためのとっておきの▽▽」とか出来ますね。
 
 
『わたし、かわいいお金を海外投資で増やしました―淺川夏樹』
 
少ない資本から稼ぐ方法を伝えるのに効果的なタイトルですね。
 
 
『なぜみんなスターバックスに行きたがるのか―スコット・べドべり』
 
なぜ~なのかという疑問を投げかけるようなタイトルは 思わず目が
止まってしまいますね。
 
 
『億万長者だけが知っている雨の日の傘の借り方―オーレン・ロース』
 
「○○だけが知っている ▽▽▽」とかいうタイトルにすれば 色んなジャンルで
応用できますね。
 
 
『倒産寸前の会社を甦らせる方法―八木宏之』
 
最低からの建て直しという点で、色んなジャンルで応用出来ると思います。
悩み克服系のジャンルでもいけそうですね。
 
 
『会社の買い方教えます―三宅卓』
 
シンプルながら、印象に残る言葉ですね。
「○○の仕方教えます」とか、色々な応用方法が考えられそうです。
 
 
『新入社員が劇的に成長する3ヶ月プログラム―中尾ゆうすけ』
 
初心者の状態から、3ヶ月という短い期間で劇的に変わるという点を
アピールするタイトルに使えますね。
 
 
『売上2億円の会社を10億円にする方法 業績アップの「設計図」、 教えます―五十棲 剛史』
 
現状よりさらに向上させる、現状に伸び悩んでいる というようなターゲット向けに
効果のあるタイトルですね。
 
 
『上司のすごいしかけ―白潟 敏朗』
 
「月50万稼ぐアフィリエイターのすごいしかけ」とか、
色んなパターンで使えそうな表現ですね。
 
 
『図解・企業再生のプロが教えるビジネス力速習セミナー ―尾田 友志』
 
「図解・○○のプロが教える▽▽力速習セミナー」 というタイトルにしてみたら、
色んなジャンルで使いまわせますね。
 
 
『頑固な羊の動かし方―ケヴィン・レーマン、ウィリアム・ペンタック』
 
「頑固な○○の~~~方法」とか、厳しい現状を打開するようなジャンルのタイトルに
付けられそうですね。
 
 
『あなたを危機から救う一分間謝罪法―ケン・ブランチャード、 マーグレット・マクブライド』
 
現状の問題を解決するという時に使えるタイトルですね。
 
 
『短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント―石田淳』
 
「短期間で○○が変わる ▽▽マネジメント」とかでいけそうですね。
 
 
『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング―森沢洋介』
 
「どんどん○○するための瞬間▽▽トレーニング」○や▽の部分に 色々当てはめることが
出来ると思います。
 
 
『ビジネスマンのための「発見力」養成講座―小宮一慶』
 
「ビジネスマンのための「○○力」養成講座」といった感じで使えますね。
 
 
『日本人が一番やせるダイエット―肥満遺伝子が教える ダイエット成功の法則―吉田俊英』
 
「日本人が一番稼げる○○○―▽▽が教える○○成功の法則」など
色々とこれも応用できそうですね。
 
 
『ウェブを変える10の破壊的トレンド―渡辺弘美』
 
「○○を変える▽▽の破壊的トレンド」などにアレンジできそうです。
 
 
『「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 ―遠竹智寿子』
 
「稼ぐアフィリエイター」の最強メソッド~~~~~~」という感じに タイトルを
膨らませることが出来ますね。
 
 
『マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった―ジョン・ウッド』
 
「○○では出会えなかった▽▽ 僕はこうして■■■になった」 という感じにアレンジできますね。
 
 
『リッツカールトンが大切にする サービスを超える瞬間―高野登』
 
「○○が大切にする ▽▽を超える瞬間」といったタイトルに出来ますね。
 
 
『マッキンゼー式 世界最強の仕事術―イーサン・M・ラジエル』
 
「○○式 世界最強の▽▽術」といった感じで、○○の部分にそのジャンルで権威のある人の
名前などを入れると良いでしょう。
 
 
 
ここまで、様々なタイトルを上げてきましたが、 あなたの扱っているジャンルに
応用できそうなタイトルはありましたでしょうか。
 
常に、タイトルなどには気を配り、本屋に行った時も気になったタイトルがあれば
携帯にメモをすると後からでも使えますのでお勧めですよ。
 
是非参考にしてくださいね。