それでは本日は前回の「メルマガアフィリエイトを始めるVol.1」の続きを
書いていきたいと思いますね^^
 
前回の記事を読んでいない場合は、まずは先にそちらを読んで頂ければと
思います。
 
 
                     

メルマガの書き方

メルマガの発行をはじめて1番最初に当たる壁は、
どういったことを書けばいいの?ということだと思います。
 
有名なアフィリエイターや発行部数の多い方のメルマガをみると、
文章がとても上手で、しかもボリュームもたっぷりあるメルマガが
たくさんありますが、はじめからそういった方達の真似をしても出来ません。
 
そういった方達のメルマガを見て「自分には無理だ」
と落ち込む必要はありません。
 
だれでも最初から上手くいくわけではありません。
始めは、何でも自由に書けばいいと思います。
 
読者の少ないうちからメルマガをどんどん発行して、数をこなしましょう。
読者の少ないうちは、アフィリエイトをしても余り効果はありませんので
そこにこだわらず、メルマガのコンテンツにあった記事をなんでも、
思いつくまま書けば良いと思います。
 
書けば書くほど、文章が徐々に上手くなり、 書く記事のネタも自然と
出てくるようになります。
 
時間のあるときに無料レポートを作り、読者を増やしながら
メルマガの発行を続けましょう。
 
読者が1000人も超えれば、読者からの反応もどんどん出てきます。
 
その反応を見ながら、何か成果があったところは続けて、
悪かったところは修正していきます。
 
これを続けている内に、自然と内容があり、ファンも多いメルマガに
化けていきます。
 
ここで大事なことは、積極的にメルマガ読者から意見を募る事です。
自分で作ったメルマガの出来は、なかなか自分ではわかりません。
 
なので、読者に評価してもらい、要望や修正点を聞き出しましょう。
これがメルマガをパワーアップしていく1番良い方法だと思います。
 
メルマガ読者が1000~2000人くらいになったら、
アフィリエイトを積極的にどんどん始めましょう。
 
コツとしてはあまり欲を出さず、1通のメールで扱う商品は1つ、
アフィリエイトURLもペタペタはり過ぎず、
メールを開封してすぐ見える位置に1つ、商品紹介文の最後に1つ、
文章が長い場合は間に1つ、位にします。    
 
1通のメールでは出来るだけ、1つか2つのURLを クリックしてもらうことに
集中しましょう。
 
 
また、昨日のメールではA商品、今日のメールではB商品と、
あれこれ紹介せず、できれば3~7回位は同じ商品を紹介し続けて下さい。
 
でないと読者の方は、一体どれがオススメなのか、
本当にいい商品は何なのか分からなくなってしまいます。
 
メルマガ発行の基本は選択と集中です。
 
1度これを売ると決めたら、商品に関連する無料レポートなどを 紹介しながら
タイミングよくアフィリエイトURLを貼る、 またはブログと連動させる、
という作業を繰り返してください。
 
読者との根比べです。
 
特別なテクニックがある人は別ですが、そうでない人は断られても断られても
諦めないしつこいセールスマンのようなメルマガを作りましょう。
 
あまりしつこ過ぎてもいけませんが(笑
 

メルマガで稼げるのか

ブログは基本的に自分のお店のようなもので、
綺麗に装飾してたくさん商品をならべてお客さんがくるのを待ちます。
 
メルマガは、積極的にお客さんのメール受信ボックスに情報を届ける
飛び込みセールスマンです。
 
実際に商品が購入されるのは、お店のブログやホームページが
多いかも知れませんが、そのお客さんを呼んでくるのがメルマガの役目です。
 
お客さんはメルマガで気になる情報をキャッチして、
ブログやホームページにアクセスしてきます。
 
もちろんメルマガだけで商品が売れるということもありますが、
メルマガで商品の情報を伝え、外部サイトに誘導して購入してもらう、
という形がとても効率的で効果的だと思います。
 
ですから、メルマガで稼ぐというより、ブログやホームページと連動させて
稼ぐという意識を持てば、上手な収入の流れが出来るでしょう。
 
 
とにかく失敗を恐れず、なんでも挑戦してみる、
挑戦して悪かったところを 修正していく、この繰り返しがメルマガアフィリエイトでの
成長を助長してくれるでしょう。
 
 

わずか67人のメルマガ読者だけで、たった7日間という期間に50万円を稼いだアフィリエイト手法

 
私が、以前にわずか67人のメルマガ読者に、たった7日間
50万円のアフィリエイト報酬を得た方法を知りたくないですか?
 
 
  • なぜ、わずか67人の読者から50万円もの報酬が発生するのか?
  • 一体何をどのようにアフィリエイトして1週間で50万円を稼いだのか?
  • 少ない読者数でも売れてしまう「○○性」を利用した手法とは?
  • 下手すれば50万が75万になっていた、その理由とは?
この秘密を書いたPDFファイルをプレゼントさせて頂きます。
下記フォームにメールアドレスを入力して頂き、
確定ボタンを押して下さい。



※ご入力頂きましたメールアドレス宛に
PDFファイルをお送りさせて頂きます