サイトアフィリ、メルマガアフィリ、 インフォトップ、ASPアフィリ、楽天ポイント・・・
ネットビジネスで稼ぐ方法を挙げるとなるとめちゃくちゃ多いですよね。
 
でも、数ある手法の中で、初心者でもとりあえず手っ取り早く稼ぐには
グーグルアドセンスが一番ですよね。
 
 
このアドセンスというものはご存知の方も多いと思いますが、
クリックするだけでお金がもらえちゃうという代物です。
 
一応どんなものかご紹介しておきますね^^
 
 

アドセンスとは?

 
 
   
 
 
おそらくネットをやってるときに一度は見たことあると思います。
 
この赤枠で囲んだ部分がアドセンス広告というやつです。
 
これをクリックすると1クリックにつき数円から数百円といった報酬が
もらえちゃうわけですね。
 
 
クリックされるかされないか。
 
ただそれだけなので、ネットビジネス初心者でもとっつきやすいです。
 
うまい誘導文とか書く必要もないですし 、
(というかアドセンスに誘導するような文章を書くと痛い目にあいます^^;)、
 
アドセンス用の記事なんて文章力は要りませんからね。
 
 
こんな感じでアドセンスはネットビジネス初心者にはお勧めなんですが、
ただ適当にサイトを作って記事を書いてアドセンスを 貼り付ければ稼げる
というわけではないです。
 
先ほどのお話しましたように、 アドセンスをクリックされてもらえる報酬は
広告によって全然違います。
 
 
安いものだと1クリック1円というのもありますが、
高いものだと1000円を超えるものもあります。
 
同じクリックされるのなら、安いものよりは高いもののほうがいいですよね。
 
でも、適当にサイトを作っているようでは、 なかなか高いアドセンス広告を
表示することはできません。
 
アドセンス広告はコンテンツの内容にマッチしたものが表示されます。
 
 
つまり、コンテンツの内容が安い広告の内容とマッチしていれば
安い広告ばっかり表示されますし、 逆に高い広告とマッチしていれば
高い広告がサイトに表示されるというわけです。
 
じゃあ、アドセンスでたくさんのお金を稼ぐにはどうすればいいか。
 
勘のいい人はわかったかもしれませんね。
 
高い広告が表示されるキーワードを調べて、そのキーワードを
サイトのコンテンツに盛り込めばいいわけですよね!!
 
 
クリック単価の高い広告があるキーワードの選び方などをお伝えしていきます。
 
 

クリック単価の高いキーワードのジャンルって?

 
アドセンス広告が表示されるキーワードの種類は星の数ほどあります。
 
よほどマニアックなキーワードでコンテンツを作ってない限り、
アドセンスを貼り付ければなんかしらの広告は表示されるわけです。
(ちなみにコンテンツにマッチする広告がない場合は、公共広告が表示されたりします)
 
 
でも、前にもお話したとおり安い広告はできるだけさけたいですよね。
 
どうせ表示させるならクリック単価の高い広告を表示させたいわけです。
 
そのために、 まずどういったジャンルがクリック単価が高いのかを見ておきましょう。
 
 
【クリック単価の高いジャンル】
 
  • 金融
  • クレジットカード
  • 住宅リフォーム
  • 自動車
  • 保険
  • エステ
  • ダイエット
  • 離婚浮気(探偵絡みのもの)
これらが一般的にクリック単価の高い広告がひしめき合っているジャンルですね。
 
 
「なるほど。じゃあ(金融)というキーワードでサイトを作ってみるか」
 
 
ちょっと待ってください!!
大事なことを忘れていませんか??
 
 
確かに金融というキーワードでサイトを作成して、 アドセンスを貼り付ければ
クリック単価の高い広告が表示されるでしょう。
 
でも、あなたの作ったサイトにどうやってアクセスを流すんですか??
 
アドセンスで報酬を得るにしてもサイトにアクセスがない限り永久に0のままです。
 
しかも、さっきあげたクリック単価の高いジャンルは皆知っています!!
 
 
一度「金融」で検索してもらえばわかると思いますが、
競合サイトがめちゃくちゃあります。
 
ほぼ完璧にSEO対策が施されたサイト、カテゴリー登録されたサイトなど
とても作られたばかりのサイトが勝てる相手ではありません。
 
 
なので、金融でサイトを作っても「金融」というキーワードで
上位に表示させることは無理でしょうね。
 
 
「じゃあ、どうすればいいの?
やっぱりジャンル以外の安いキーワードで細々とやるしかないのかなあ。」
 
 
そんなことはありません。
 
上でお話した稼げるジャンルの中でも、
広告単価が高くて競争がそれほど激しくないキーワードは実はあるのです。
 
 
次回は、クリック単価の高いキーワードの探し方をお話しますね。
 
 
 
————————————————————————