「金融」や「ダイエット」といった ジャンルそのものずばりのキーワードでは
サイトは作れても アクセスを集めることは不可能に近いです。
 
なので、競争が激しくなくてクリック単価が高いキーワードを
どうやって調べるかをこれからお話していきます。
 
 

高クリック単価キーワードの調べ方

 
まず、そのために使うサイトをお伝えしますね。
 
(注 もし文字化けしたらエンコードしてくださいね)
 
 
これを使えば、どんなキーワードが高単価広告を表示できるのかを調べられます。
 
 
 
 
先ほどのURLにアクセスし、必要事項を記入すると、
画像のようなサイトに飛ぶはずです。
 
この空欄部分に検索したいキーワードを書き込みましょう。  
 
 
例として 「アメックス」「アコム」というキーワードを入れてみました。
 
どちらも「クレジットカード」と「金融」といった稼げるジャンルに関するキーワードです。
 
ちなみに、キーワードの探し方のコツなのですが、
金融といった抽象名詞よりも、アメックスやアコムといった固有名詞のほうが
サイト同士の競争は激しくないです。
 
 
後、単一キーワードではなく「消費者金融 新宿」といった
複数キーワードのほうが競合が少ないという傾向にあります。
 
 
   
 
 
 
先ほどの検索結果で表示された画面で、 この画像に書いてあるようにしてみましょう。
 
 
         
 
 
するとどうでしょうか。
 
画像のようにクリック単価の高い順に並びましたね。
 
これをみてみると、アメックストラベラーズチェックという広告は1クリックすると
広告主に2400円も課金されるわけですね。
 
 
1クリックで飲み会一回分くらいの広告費がかかるわけです(笑)
 
ちなみにアドワーズは入札制なのでこの広告料は日によって変動することがあります。
 
 
なので、皆さんが見ているときと比べるとか象に表示される単価は違うかもしれませんが、
クリック単価が高いものであることにはかわりありません。
 
それから、もう1つ。
 
ここで表示されるクリック単価≠アドセンスでクリックされた時に得られる報酬
ということをわすれないでください。
 
 
クリックされれば2400円そのままもらえるわけではありません。
 
しかし、クリック単価がかなり高いキーワードであることには間違いありません。
 
このグーグルアドワーズ広告を使えば、キーワードに対して
どんな単価の広告表示がされるのかを調べることができます。
 
 
それによって、アドセンス報酬が高そうなキーワードを探すことができるわけです。
 
ただし、先ほどのお話しましたように、 クリック単価の高いジャンルそのものではなく、
それに関連する固有名詞や複合キーワードで探すようにしましょう。
 
探してみると競争が少ないのにクリック単価が高いキーワードは意外と多いですよ。
 
 

キーワードの選定後は??

 
グーグルアドワーズ広告でキーワードを探し、
なんとか競合が少なくてアドセンス報酬が高そうなキーワードがみつかりました。
 
じゃあ、その後はどうするのか。
 
 
それは、そこで見つけたキーワードをサイトのコンテンツに多く含ませることです。
 
もちろん、キーワードが他の言葉に比べて不自然に多いと
グーグルから警告をくらいますが、自然な文章の中でできる限り多くのキーワードを
入れてやりましょう。
 
そうすることで、サイトに報酬が高いアドセンス広告が表示されやすくなります。
 
 
アドセンスは表示させておけば、後はクリックされるのを待つだけです。
 
間違っても自分でクリックすることはやめてくださいね。
 
アカウントを削除される危険性があります。
 
 
また、アドセンス狩りに対処するためにも、リサーチアルチザンといった
アドセンス広告のクリックデータを抽出してくれるアクセス解析は、
絶対に入れておいてくださいね。
 
管理をしっかりすることも、長くアドセンスで稼いでいくための秘訣です。
 
 
 
以上、2回に亘ってアドセンスの高単価キーワードの調べ方をお伝えしました。
 
ぜひ、参考にしてみて下さいね(・∀・)b
 
————————————————————————