アドセンスはクリックされるだけで報酬がもらえるというお手軽なものなので、
すごくとっつきやすいですよね。
 
初心者でも簡単に始められるのがグーグルアドセンスです。
 
でも、このグーグルアドセンスは 何も初心者だけがやるものではありませんよ。
 
 
アドセンスで100万、200万稼いでいる人もいらっしゃいますし、
アメリカでは1ヶ月3000万円をアドセンスで稼ぐ人もいるみたいです。
 
そんな初心者から上級者まで使えるキャッシュポイントが アドセンスなんですよね。
 
 
でも、アドセンスには色々な壁があります。
 
その中でも初めの壁となるのが、 アドセンスIDの取得ではないでしょうか。
 
IDなんて取るのは簡単だろと思われてる方。
 
甘いですよ。
 
 
アドセンスIDはヤフーIDとかとは違って登録して、
即IDが取得できるといった簡単なものではありません。
 
サイトを用意して、グーグルアドセンスチームに審査してもらい、
それが認められることで始めてIDが取得できます。
 
 
この審査に通過するには審査の対象となるサイトとしてどんなものを用意するのかが
一番重要になってきます。
 
なので、グーグルアドセンスIDを簡単に取得できるサイトの作り方をお伝えします。
 
 
この通りにサイトを作り、グーグルアドセンスチームに審査してもらえば、
おそらくIDは簡単に取得できるでしょう。
 
それでは、一体どういうところに気をつけるのか、
どんなサイトを作ればいいのかについて順を追ってお話しますね。
 
 

審査用に用意するのはブログ?それともHP?

 
アドセンスというものができてから、 ずいぶんと年月がたちましたね。
 
今でこそ、アドセンスをやっている人はかなり多く、
アドセンスはすっかり有名になりました。
 
 
一昔前まではアドセンスIDを取得するには独自ドメインを持っていないと取れなかった
という時代もあったそうです。
 
じゃあ、今は?というとそんなことはありません。
 
独自ドメインをもっていなくてもIDは取得できます。
 
 
そこで、問題となるのが審査用に用意するのは HPじゃないとだめなのか、
それともブログでもいいのかです。
 
結論から言うとどちらでもいいです。
 
HPを作るのに慣れている方はHPをつくってもいいですし、
ブログを既に持っている方はそのブログを審査用に使ってもいいでしょう。
 
 
ただ、これから審査用のサイトを作るというのなら、
ブログを作ることがお勧めです。
 
ブログのほうが簡単に作れますからね。
 
しかも、ブログはさくらブログやライブドアプロといった
有料ブログでももちろんいいですが、 シーサーやジュゲムといった
無料ブログでも全然OKです。
 
 
有料であろうが無料であろうが、 審査に通るための要素を備えていれば
関係無しにIDを取得できます。
 
有料でも審査にあわなかったらいくらやってもIDは取得できませんよ。
 
では、次からどういう要素を備えておけば、
アドセンスの審査に通りやすいかについて説明していきます。
 
 

サイトのコンテンツについて

 
審査用にHPを用意するにしろブログを用意するにしろ、
まず最初に気を配るのはサイトのコンテンツです。
 
つまりサイトの内容をどうするのかですが、 これを意識せずに適当に書いていると
知らず知らずのうちに審査でマイナスになるような要素が入り込んでくることがあります。
 
 
なので、ここではどういったコンテンツにすればいいかについて お話しますね。
 
まず、グーグルアドセンスのプログラムポリシーを見てください。
 
 
 
 
 
その中で見てほしいのがこの画像にある 「サイトのコンテンツ」 という箇所です。
 
ここではギャンブル、風俗、公序良俗に反するものなどといった
コンテンツがあるサイトには アドセンスを表示させることができません
という注意書きが書いてあります。
 
これに反してしまうと、アドセンス側からID停止の措置を取られたり、
最悪の場合、IDが無効になってしまうことがあります。
 
 
なので、IDを取得してからも このコンテンツの注意書きには
気をつけなければいけませんが、 ID取得審査をしてもらう時にも
当然注意しておかなければなりません。
 
だって、ポリシー違反のサイトにIDを与えるわけがありませんからね。
 
 
そのため、サイトを用意する時にはこのプログラムポリシーに
合っているかはしっかり確認してください。
 
また、ポリシーには書いてませんが、 コンテンツについて気をつけたいことがあります。
 
それはなにかというと、 コンテンツ内容が明らかにお金儲けのための
内容になっていないことです。
 
 
これはポリシーには書いていませんが、
自分の経験や周りの人の体験談などをいろいろ調べてみた結果、
お金儲けのためのサイトは審査に通りにくいということがわかりました。
 
なので、コンテンツ内容が お金儲けの内容になっていないかどうかは注意してください。
 
じゃあ、どんなコンテンツにすればいいんだってなりますよね。
 
 
それは一言で言うと、 日頃のことを綴った日記のようなコンテンツにしましょう。
 
もちろん日記の中に 先ほどお話したポリシーに違反することや
お金儲けの話が入らないように注意はしてくださいね。
 
それさえ注意して日記を書けば 審査に通るコンテンツ内容としては問題ないはずです。
 
 

サイトのボリュームはどのくらい??

 
 
「日記を書けばいいんだね。
じゃあ、とりあえず1日分の日記を書いて審査に出せばそれで通るんだ。
アドセンスID取得って簡単だね。」
 
 
ちょっとまってください!!
 
さすがに一記事しかないサイトを審査に出しても、通りっこないですよ^^;
 
審査に通るにはサイトにもそれなりのボリュームが必要です。
 
 
とはいえ、100記事、1000記事も必要はありません。
 
そんなに必要だとIDをとる前に挫折してしまいますからね。
 
もっと少なくて大丈夫です。
 
じゃあ、どれくらいの記事数があればいいのか。
 
ずばり10から12記事ほどあればおそらく大丈夫です。
 
 
おそらくというあいまいな表現をしてしまいましたが、
どうも審査する側の個人差があるのか、10記事で通る人もいれば
12記事で通る人もいるという感じでバラバラです。
 
もちろん12記事以上必要な場合もありますが、
大体10から12記事あれば審査は通ると思います。
 
 
なので、とりあえず10から12記事ほど日記を書くようにしましょう。
 
それからもう1つ。
 
記事を投稿する時にポイントがあります。
 
これからサイトを用意する人は 一気に記事を作ってアップする人が多いでしょう。
 
 
でも、サイトのコンテンツが1日で作られてたりすると、
アドセンス側に審査のためだけに用意したな と見抜かれてしまうことがあります。
 
そうすると、審査に落ちるかもしれないので、 ここは投稿日時をいじりましょう。
 
 
  
 
 
 
これはサクラブログですが、投稿する時に 赤枠で囲んだ「投稿日時」を設定することで、
投稿する記事の日時を決めることができます。
 
つまり、例えば10月23日に記事を投稿したとしても、
この投稿日時を10月24日にすれば サイト上の投稿日時の表示は
「10月24日」と表示されます。
 
 
これを使うことで、 毎日記事を投稿してますよと見せかけることができます。
 
これをやればアドセンス側に 急ごしらえで作られたサイトということがばれにくくなります。
 
是非試してみてくださいね。
 
 
 

サイト上に自己紹介を表示する

 
審査に通るためのだめ押しです。
 
審査に通す時に住所氏名電話番号メールアドレスを 記載する欄があります。
 
ここでは偽名を使ったり、嘘の住所を書いたりしてはいけません。
 
 
最初の報酬の支払い前にグーグルから手紙が来るのですが、
嘘の住所を書くとそれが届かないですからね。
 
そうすると、報酬も受け取れなくなります。
 
なので、ここでは正しい住所氏名を書きましょう。
 
電話番号は電話が掛かってくることはまずないので 適当でも大丈夫みたいです。
 
 
ただ、不安なら正しい電話番号を書いておきましょう。
 
ダメ押しとしてなにをするかですが、 サイト上にもID申請で書いた
住所、氏名、電話番号、メールアドレスと趣味を表示させましょう。
 
つまり簡単な自己紹介を載せるわけです。  
 
 
     
 
 
こんな感じですね。
 
これをやっておくと、審査に出したサイトが 申請者のものなんだということを
アドセンス側が確認できるので、 審査しやすいわけです。
 
 
しかし、こんなのをネットに出すといたずら電話やスパムメールが来まくるんじゃないの?
って思うかもしれません。
 
なので、IDをとった後はすぐにはがしてしまいましょう。
 
ID取得した後はこれをはがしても、 IDが無効になったりすることはありません。
 
IDを取得する時だけ貼ればいいだけです。
 
その間にスパムとかが来るかもしれませんが、 それは我慢してくださいね!
 
 
説明どおりのサイトをつくれば、 大抵はIDを取得できるはずです。
 
それでも通らない場合は、今一度サイトのコンテンツなどを見直して、
コンテンツの内容がふさわしいかの確認や、 記事数を増やしてみるなどをして
再度審査してもらいましょう。
 
同じサイトは何回でも審査してもらえますからね。
 
 
それから、一度IDをもっていたけど、 無効にされてしまった方は、
この方法は役に立たないでしょう。
 
なぜなら、一度IDを無効にされてしまうと、 2回目の取得はかなり困難になります。
 
住所を変えたり、クッキーを変えたりと色々大変なんですよね。
 
なので、この内容では2回目の取得は難しいと思います。
 
 
とすると、逆に考えればアドセンスIDは、そんな何個も取れるようなものではなく
一度無効にされると復帰が困難なものであり、 非常に大切なIDということになりますね。
 
なので、今回お伝えした内容でIDを取得したら IDの管理はしっかりやりましょうね!
 
————————————————————————