SEO対策をするうえで欠かせないものが被リンク集めです。

 

他のライバルとの差が出るのが、ここの被リンクの部分です。

 

 

ライバルよりもいかに数多く、なおかつ質の高いジャンルの合った

被リンクを集めることが出来るか。

 

 

SEOとは、ライバルと検索エンジンとの駆け引きなんですね。

 

リンクが多ければ多いほどいいからと、自動リンク集登録ツールなど

でリンクづけをしていると、スパム認定を受けて順位が落とされてしまう

こともあります。

 

 

過去には通用したやり方も、検索エンジンの技術の高度化によって、

非人間的な動きはスパム認定をされやすくなってしまっています。

 

 

非人間的とは、人間が短期では出来ないような数の被リンクを一気に

つけるとか、人間の手によって行われていないような動きのことです。

 

 

だからといって、一からコツコツと、ページランクの高い被リンクを自分の

サイトに送るためにサイトを育てるというのも時間がかかってしまいます。

 

 

コツコツやるのは本当に大事なことです。

 

最後に差がつくのは、コツコツした作業が出来るかどうかです。

 

 

ただ、こうしたコツコツとした作業を効率的に

進める知識というのも仕入れてみるのも一つの手です。

 

 

ページランクが高いサイトからの被リンクは、

サイトのパワーを増やすのに効果的だと考えられています。

 

 

ページランクの高い被リンクを得ることが出来る。

 

 

この知識があるだけで、サイトのパワーを増すのにけっこう差が

ついてくるんですね。

 

ページランク0からの被リンクよりも、ページランク4とか5の

被リンクの方が、サイトにパワーを付けるうえで有効なのは明らかです。

 

 

被リンクは、質だけでなく数も多くつける必要があります。

 

ちょっと、めんどくさいページランクの高い被リンクをつける方法も

あるのですが、今回は、めんどくさい方法よりも

多少ページランクのパワーは落ちるものの、

簡単にページランクが比較的高い被リンクを得られる方法をお伝えします。

 

簡単な方法をお伝えすることで、数多くの被リンクを

自分のサイトに流して欲しいんですね。

 

 

すぐに出来る簡単な方法なので、読んだらすぐに作業を始めてください。

 

稼げる人というのは、知識を知識で終わらせるのではなく、

知識をすぐに実行に移すことで知識を経験に変えて

どんどん経験も収入も積み上げていっています。

 

 

 

では、ページランクの高い被リンクを得るにはどうしたらいいか。

 

それは、メルマガを発行することです。

 

 

メルマガを発行すると、自分のメルマガの紹介ページから自分のサイトに

リンクをはることが出来るんですね。

 

 

発行者サイトという部分に、自分のサイトを登録すれば、

メルマガの紹介ページから自分のサイトにページランクの高い

被リンクを送ることが出来るんです。

 

 

もちろん、メルマガのテーマとあった発行者サイトである方がいいです。

 

「メルマガなんて書くネタないよ・・・」

 

そう思う方もいらっしゃると思いますが、心配ご無用です。

 

 

メルマガは、極端な話登録時に申請するメルマガ創刊号だけ書けば、

後は書かなくてもいいです(笑)

 

 

目的は、メルマガ読者を増やすことではなく被リンクを得ることですので。

 

もちろん、メルマガをまじめに書いてサイトとメルマガを関連づければより

稼げるかもしれません。

 

 

でも、まずは多数の質の高い被リンクを得るために

メルマガ発行申請をしちゃいましょう。

 

 

メルマガ発行申請は審査が厳しいと思われるかもしれませんが、

まぐまぐはちょっと厳しいですが、それ以外はあまり厳しくありません。

 

 

ザルみたいな審査のところも多いです。

 

審査してないでしょ?ってとこもけっこうあります(笑)

 

 

では、ページランクが比較的高くて審査があんまりきびしくない

ところはどこか。

 

それは、メルモです。

 

 

■    メルモ

http://merumo.ne.jp/

 

 

 

 

メルモは携帯メルマガ発行スタンドなんですが、発行者サイトとして

携帯サイトでなくてPCサイトも登録出来ます。

 

 

携帯メルマガは、普通のメルマガと違って

書く量が短くてすみますので、発行申請も楽です。

 

 

メルモはトップページはページランクが5あります。

 

けっこうトップページは強いですね。

 

 

でも、メルマガ一覧ページは多少ページランクが落ちてしまいます。

 

また、メルマガのジャンルでカテゴリ分けされていますが、

このカテゴリによってもページランクが多少違ってくるようです。

 

 

複数のカテゴリを見てみましたが、平均してページランク3のとこが多いです。

 

ページランクが3でもそこそこ高い方ですね。

 

 

美容/コスメなどはページランクが4になってます。

 

ページランクが3~4の被リンクをもらえると、けっこう役立ちます。

 

 

ページランクの高いとこから被リンクを送って、

サイトをパワーあるサイトに育てると、相互リンクを申し込む時とかも

ページランクが高い方が何かと役立ちます。

 

 

美容/コスメのカテゴリを実際に見てみましょう。

 

 

 

カテゴリに登録されているメルマガの一覧ページです。

 

 

美容/コスメのカテゴリは、赤枠で囲んである部分が示している通り

ページランクが4です。

 

 

赤枠で囲った、発行者Webサイトという部分から自分のサイトに

被リンクが送られます。

 

 

この発行者は、Webサイトを登録していないようですが、

登録すればきちんと被リンクになります。

 

 

メルモは、1人で何誌も発行しても大丈夫なので、

自分の持ってるサイトに合ったジャンルを発行申請して、

発行者Webサイトとして登録すれば立派な被リンクとなります。

 

 

自分のサイトのジャンルに合ったページランクの高い被リンクは、

ジャンルが合ってない被リンクよりも高い効果があると思われますので、

ジャンルに合った数だけメルマガを発行した方がいいです。

 

 

携帯メルマガなので、気楽に出来ますしね。

サイトの記事を使いまわして、携帯メルマガ用の記事として使っても

いいと思いますしね。

 

 

SEOは、他のサイトとの相対評価で表示順位が変わってきます。

 

あなたの上にライバルがいて30の被リンクをもらってるんだったら、

自分は31本被リンクをつける。

 

 

そうすれば、被リンクの力が同じであればライバルサイトより上位表示できます。

 

いかに相手のサイトより数多く、また質の高い(ジャンルの合った、パワーのある)

被リンクを自分のサイトに送り込めるかが勝敗を分けるカギとなってきます。

 

 

そこで、今回紹介しているようなやり方で被リンクを集めるのは

いくらかは有効なはずです。

 

 

ただ一つこの方法で残念なのは、アンカーテキストの文字が

コントロール出来ないことです。

 

 

アンカーテキストとは、例えばあなたの上位表示させたいサイトが

「ワキガ」のサイトだとします。

 

 

あなたのサイトに被リンクを送る時、あなたのHPにリンクをはるテキスト(文字)は

「ワキガ」だとポイントが高いんです。

 

 

この、リンクする時の文字をアンカーテキストといいます。

 

今回の方法だと、アンカーテキストの文字は

 

「発行者Webサイト」

発行者サイト:「あり」

「発行者のHP」

 

 

「」でくくった部分の文字のようになってしまうんですね。

 

でも、アンカーテキストが同じ文字ばかりでも自作自演の被リンクだと

検索エンジンに疑われてしまう可能性もあるので、

ここらへんは難しいところです。

 

 

アンカーテキストがコントロール出来ないからといって、

被リンクとして効果がないかと言えばそんなことはありません。

 

 

検索エンジンで、激戦ジャンルなどで上位表示されてるサイトの

被リンクを調べてみればわかりますが、

そのサイトに関係ないジャンルの被リンクもたくさんあります。

 

 

どういった被リンクを送り込めばいいのか。

上位に表示されてるサイトの被リンクを見ることは、

非常に勉強になります。

 

 

SEOに終わりはないですが、今回紹介した方法で、

ぜひ被リンクづけをしていってみてください。