キャプチャの機能を知らない人が結構多いんですよね。

アフィリエイトをしていく上でキャプチャ機能を知っていると

グンとレベルアップしますので、知らない人は是非この機会に

マスターしておいてくださいね。

 

 

キャプチャを上手く使えるようになると、

レポートやプレゼン資料の作成、サイトやブログで

説明するための画像など、色々な場面で非常に役に立ちます。

 

 

今回は、どうやって画像をキャプチャして、

どうやって編集したらいいのか。

 

ここら辺に絞って説明していこうと思っております。

 

 

今回お伝えする方法をマスターすれば、

画像のキャプチャで困ることはほとんどないでしょう。

 

 

では、まずどうやってキャプチャするか。

こちらをご覧下さい。

 

 

 

赤枠で囲った部分に「Print Screen」というボタンがありますね。

 

 

これをポチっと押すことにより、パソコンに表示されてる画面を

コピーした状態になります。

 

キャプチャしたということですね。

 

 

「Print Screen」は、「PrtSc」という表示になっているものもあります。

 

私のノートパソコンでは、「Fn」というファンクションキーと一緒に「PrtSc」を押すと、

キャプチャが出来るようになってます。

 

 

ノートパソコンだと、そのような仕様に

なってるかもしれませんのでご注意ください。

 

 

さて、コピーした状態の画像をどうしたらいいか。

 

これは、パソコンに最初から入っているペイントというツールで

編集していきます。

 

 

ペイントを開くには、PC画面左下の「スタート」をまずクリックします。

 

続いて、「すべてのプログラム」をクリックしてください。

 

 

次に、アクセサリをクリックすると「メモ帳」とかと一緒に「ペイント」も

出てくるので、ペイントをクリックしてペイントを開きます。

 

 

このペイントを使って画像の編集をしていきます。

 

 

 

ペイントを開いたら、赤枠で囲んだ編集を押して、

次に貼り付けを押します。

 

 

これで、キャプチャした画像がペイントの

キャンバス(編集スペース)に貼り付けられます。

 

 

 

こんな感じになります。

 

 

これはYahooの画面をキャプチャして、

ペイントに貼り付けたものです。

 

 

これ、キャプチャした部分、全部は必要ないなって時が

ほとんどだと思うんですね。

 

 

そういう時は、編集したい部分だけを切り取って、

キャンバスに貼り付けなおします。

 

 

 

 

左上の赤枠で囲った部分をクリックすると、

「+」プラスのようなマークが出るんですね。

 

 

で、このプラスのマークで切り取りたい範囲を指定するんです。

 

 

上の画像では、Yahooの画面の左上の方に

赤でプラスを小さく記してるんですがわかりますでしょうか。

 

 

プラスマークを一回左クリックして、

+マークを切り取りたい場所の左上に持ってきて、

マウスで範囲を指定してやります。

 

 

上の画像では、Yahooのバナーの辺りを赤い枠で囲ってますが、

左上のプラスからスタートして、上の画像のように赤い枠で

範囲を指定します。

 

 

実際には、枠は黒の点線で表示されます。

 

枠を指定して、マウスから手を離すと

黒い枠の点線が薄い青の点線の枠に変わります。

 

 

この青い枠の範囲が指定した範囲になります。

 

この枠でよかったら、枠の中で右クリックして切り取りを選択します。

 

 

 

 

切り取ると、上の画像のように切り取った部分が白くなります。

 

 

切り取ったら、次に赤枠で囲った「ファイル」をクリックして、

次に新規をクリックします。

 

 

そうすると、「変更を保存しますか?」というのが出ます。

 

これは、「いいえ」にして下さい。

 

 

いいえにすると、キャンバスが真っ白になります。

 

そうしたら、ここに先ほど切り取った部分を「編集」をクリックした後、

貼り付けを選択して貼り付けます。

 

 

すると、下の画像のようになります。

 

 

 

切り取った部分がちゃんと表示されましたね。

 

 

この画像に、テキストの書き込みをしたり、

枠で囲ったりする方法を説明します。

 

 

まずは、テキストの書き込みです。

これは、左のサイドバーにある「A」という部分をクリックします。

 

 

 

 

「A」をクリックすると、「+」のマークが出ますので、

これをテキストを入力したい部分に持って行き、

切り取りの時に範囲を指定したようにして

テキストを入力する範囲を決めます。

 

 

上の画像で「テキスト」と入力したような感じに入力することが出来ます。

次に、枠線で囲う方法をお伝えします。

 

 

枠線で囲う前に、まず線の太さを決める必要があります。

「A」の斜め左下にある「\」のマークをクリックします。

 

 

 

 

クリックしたら線の太さを選択して、次に赤枠で囲ったとこから

線の色を選択します。

 

ここでは、赤の線を選択したことにします。

 

 

 

 

左の上の赤枠で囲った部分をクリックし、

下の赤枠でどういった枠で囲うかを選択します。

 

 

3つあるうちの一番上は、上の画像のような白抜きの枠線、

真ん中は周りに線のある塗りつぶし、

一番下は周りに線のない塗りつぶしです。

 

 

主に使うのは、一番上の白抜きだと思います。

 

一番下の枠線のない塗りつぶしは、黒塗りなどで

見せたくない部分を隠すのに使えます。

 

 

枠線で囲う範囲は、これまで説明してきたのと同じように

「+」のようなマークが出ますので、

「+」で枠線で囲う範囲を指定します。

 

編集した画像を保存する方法をお伝えします。

 

 

 

 

 

編集した画像を保存するには、左上のファイルをクリックして、

次に名前をつけて保存をクリックします。

 

 

すると、上の画像のような画面が出ます。

青いのは、私のフォルダの中身を塗りつぶしただけです^^;

 

 

ファイル名というところにわかりやすい名前、

ファイルの種類は24ビットマップで保存することをオススメします。

 

 

画像をWordなどに貼り付ける場合、ビットマップ形式で保存した方が、

一番軽くて済みます。

 

 

Wordなどに貼り付ける場合は、「挿入」で画像を任意の場所に

挿入するようにしましょう。

 

 

ペイントで編集して、画像の上でコピーを押して、

Wordにはりつけという方法でも画像をWordに貼り付けることが出来ますが、

それだと画像がビットマップ形式ではないので

Wordのファイルが重くなってしまいます。

 

 

あと、ペイントでちょっと間違って編集しちゃった。

 

ちょっと元に戻したいという場合は、キーボードの「Ctrl」キーと、

「Z」のキーを一緒に押すことで、一つ前の操作に戻ることが出来ます。

 

 

ペイントでの編集も、なれてきたらサクサクできるようになるので、

まずは実際にいじくって編集してみてください。

 

 

以上、キャプチャ機能とペイントの利用方法です。

キャプチャ機能を知らない人は是非覚えて下さいね。