メルマガでアフィリエイトをしようという人は多いですよね。
サイトアフィリの違いはメールというプライベートなツールで、
読者と直接対話をし、仲を深めていけるというのが
メルマガアフィリエイトの特徴です。
 
 
ですが、メルマガで難しいと初心者の方からきかれるのが、
どうやって商品やサービスのアフィリエイトをしかけるかなんですよね。
 
サイトアフィリの場合レビュー記事を書いて、
アフィリリンクを張っておけば文章が変でなければ、
勝手に訪問者が買ってくれます。
 
 
こちらから、訪問者になんかしらのアクセスをする必要がないんですね。
 
ですので、訪問者が勝手にやってきて、勝手に成約してくれるというのが
サイトアフィリの特徴です。
 
そのため、ほったらかしができるわけですね。
 
 
ただ、サイトアフィリの場合、アクセス数やアクセスの質の違いで、
成約率に雲泥の差が出るので、そこに多大な苦労があります。
 
それに対して、メルマガの場合、直接読者とやり取りができるので、
読者の信頼が高ければ、サイトアフィリ以上の確率で成約してくれます。
 
 
ただ、メルマガの場合、サイトアフィリとは違い、
ほっといても読者が勝手にどんどん増えるわけではありません。
 
多くの場合、無料レポートで読者を集めたり、
他人に自分のメルマガを紹介してもらったりして集めています。
 
 
そうやって苦労して集めた読者も、解約されてしまうと、
あなたとの接点はなくなってしまいます。
 
そうなると、あなたのメルマガでその読者が成約をするということは
なくなってしまいます。
 
やり取りももちろんできません。
 
 
ですので、下手にセールスを仕掛けると、読者が解約する
というリスクがあるのがメルマガなんですね。
 
ですので、メルマガでアフィリを仕掛ける場合、
皆さんかなりナーバスになってしまうわけです。
 
 
なんとか、自然な流れでアフィリを仕掛けるやり方はないのだろうか。
そう思っていらっしゃるでしょう。
 
そこで、今回のテクニックを参考にしてもらえればと思います。
 
 
読者に喜んで成約してもらうためのメルマガアフィリエイトテクニックを
書いておきます。
 
 

読者主導の商品紹介を行う

 
まず、メルマガでやってはいけないのが、
いきなり商品を紹介するやり方です。
 
これお勧めですよ!って感じでメルマガですすめると、
読者からすると押し売り感を抱いてしまうんでうすよね。
 
 
となると、あなたと読者の間に築かれた信頼は、
一気に崩れてしまいます。
 
やはり、読者目線で読者主導のアフィリエイトを
仕掛けていく必要があります。
 
では、それをどうやって紹介するのか。
 
 
それは読者にそれとなく商品やサービスの意見を
求めるということです。
 
少しわかりにくいですね。
具体例をあげましょう。
 
 
例えば、あなたがFXのメルマガを持っていたとします。
 
普段は口座の話をしたり、相場の話をしたり、手法の話をしたりなど
しているはずです。
 
そのようなメルマガの中で、ちょっと気になるFX業者があるとか、
皆さんが気になるFX業者はありますかといった感じで、
読者に意見を求めるわけです。
 
 
上の場合は、ASPでFXのアフィリエイト商品として登録されている
FX口座や、その他のサービスのうち自分がアフィリしたいものを
それとなく紹介します。
 
また、「ある読者から、○○というFX業者について調べてほしい
という意見をいただきました」
といった感じで、自分で読者から要望があったことを
作ってしまうやり方もあります。
 
 
本当にあったかどうかなんて証明の必要はありませんので、
このような既成事実を作ってしまうのも一つの手です。
 
ここでのポイントは、あくまで発行者主導で紹介するのではなく、
あくまで読者目線で商品をそれとなくメルマガで紹介するのが
ポイントです。
 
 
で、ここで注意してほしいのが、
この初めの段階でいきなりアフィリエイトリンクを張るのはNGです。
 
商品・サービス名にとどめておきましょう。
 
 
ここで焦ってリンクを張ると勘のいい人はこれは売り込みしてくるなと
気付かれてしまいます。
 
アフィリエイトリンクを仕掛けるのは次以降です。
 
 

実際に自分で申し込んで紹介をする

 
では、次のステップです。
 
前回のステップで、読者に発行者であるあなたが
ある商品・サービスの調査をすることを意識させたと思います。
 
次はその調査結果を読者に報告します。
 
 
ですので、まず、あなた自身がその商品サービスを申し込み、
使用してみましょう。
 
例えばFX口座開設の場合、どうやって申し込んだか、
面倒なところはなかったか。
 
 
口座開設までのやり取りはどのようなことをするのか。
口座開設まではどのくらいかかったのか。
 
これをメルマガで報告します。
その上で、アフィリエイトリンクを張りましょう。
 
また、手続きが複雑な場合、手順をPDFなどにまとめて、
ほしい人に配布するというのもありです。
 
 
それを読むということは、それなりにその商品サービスが
気になっている人です。
 
ですので、その場合、そのレポート内にアフィリエイトリンクを
張っておけば、そのリンクを経由してあなたのまとめたPDFを見ながら、
手続きをして成約してくれる可能性が高いです。
 
 
では、次のステップで何をするのか。
 
前回は申し込みから商品サービスの到着までを読者にお伝えしました。
 
次にやることは、その商品・サービスの実際の使用感を伝えることです。
先ほどから上げているFX口座だと、その口座で使える
チャートソフトの動きはどうか。
 
 
サーバーの安定性、約定能力などですね。
 
ただ、これらを紹介するときに注意してほしいことがあります。
それはいいことばっかり書かないことです。
 
やはり、いくつかマイナス面、使ってて気になるところも正直に書きましょう。
いいことづくめで書いてしまうと、どうしてもセールス感が出てしまい、
読者が毛嫌いしてしまいます。
 
 
ですので、こういう点は気になるけど、こことここが良かった。
という感じで、悪い点とそれをカバーできる良い点があることを
具体的にメルマガで伝えていきましょう。
 
もちろん、ここでもアフィリエイトリンクを仕掛けることは
忘れないでください。
 
 
仕掛けないと単なる感想文になってしまい、
何も報酬が発生しませんからね。
 
また、追記で、皆さんの意見感想もお待ちしています。
といった感じで、読者の意見を常に意識している姿勢を
見せることも重要です。
 
 
こうすることで、読者は常に自分を意識して
メルマガを書いてくれているという印象を受けるので、
読者としても接しやすくなります。
 
会社じゃないんですから上位下達では読者は
ついていきませんからね。
 
 

特典を付けてアフィリを仕掛ける

 
情報商材アフィリでは、今や当たり前になってもいますが、
特典をつけるという方法を、情報商材以外のアフィリにも
応用していきましょう。
 
では、どんな特典をつければいいのか。
 
 
情報商材アフィリをした人なら分かると思いますが、
当然関係ある特典でなくてはいけません。
 
アフィリする商品・サービスの効果的な使い方をPDFにまとめるのが
一番特典にしやすいですね。
 
あなた自身が申し込んでいるのですから、その使い方をある程度
知っているはずです。
 
 
その中で、こういう使い方をすれば便利だ、
効果があると思ったことがあれば、そのやり方を具体的にまとめて
PDFにするわけです。
 
それを、自分のサーバーなどにアップしておきましょう。
 
メルマガでは、
 
「自分から申し込んでくれた方には、私が発見したその商品・サービスの
便利な使い方を特典としてお付けします!」
 
といった感じで紹介しましょう。
若干、セールス感が出てしまうのが難点ですが、
その商品が気になる人は、その特典で後押しされ成約に至る可能性が
高くなります。
 
 
また、その特典は他にはないので、あなたから申し込むメリットが
読者に生まれます。
 
そのため、他者に顧客を奪われにくくなります。
 
 
で、その配布の仕方ですが、読者に申し込んだ日時を
必ず伝えてもらうようにしましょう。
 
情報商材アフィリとは違い、特典が購入者だけに
ダウンロードできるようなシステムがありません。
 
 
ですので、本当に自分から申し込んだのかどうかを
確認することが必要となります。
 
ですので、申込日時を伝えてもらうわけです。
 
 
申込日時はASPサイトの成果一覧で表示されているはずなので、
確認が取れるはずです。
 
なお、成果の反映はASPに差があります。
できる限りタイムリーな反映をしてくれるASPを使いましょう。
お勧めはアフィリエイトBです。
 
 
・アフィリエイトB
 
ここはクリックした瞬間、成果に反映されます。
ですので、ほぼリアルタイムの成果を確認できます。
 
 
また、何分何秒かまで表示してくれるので、
より正確な読者の申し込みの整合性を確認できます。
 
ぜひ使ってみてくださいね。
 
 

わずか67人のメルマガ読者だけで、たった7日間という期間に50万円を稼いだアフィリエイト手法

 
私が、以前にわずか67人のメルマガ読者に、たった7日間
50万円のアフィリエイト報酬を得た方法を知りたくないですか?
 
 
  • なぜ、わずか67人の読者から50万円もの報酬が発生するのか?

  • 一体何をどのようにアフィリエイトして1週間で50万円を稼いだのか?

  • 少ない読者数でも売れてしまう「○○性」を利用した手法とは?

  • 下手すれば50万が75万になっていた、その理由とは?

この秘密を書いたPDFファイルをプレゼントさせて頂きます。
下記フォームにメールアドレスを入力して頂き、
確定ボタンを押して下さい。



※ご入力頂きましたメールアドレス宛に
PDFファイルをお送りさせて頂きます