今回はメルマガアフィリ、ブログアフィリや情報商材販売に
欠かせない無料レポートの書き方についてお伝えします。
 
無料レポートは読むのは好きだけど、自分で書くのはちょっとね・・・
という人は大変多いですよね。
 
 
でも、メルマガアフィリエイトや情報販売で成功するためには
無料レポートを作って配布するというのは避けがたいです。
 
この無料レポートというツールはいまや欠かせない
ビジネスツールですからね。
 
 
だから、書くのが面倒だということは言ってられません。
一人前の無料レポートを書けるようになるのが、
ネットビジネスで成功する近道だということを覚えておいてください。
 
無料レポートが大事なのはわかった・・・
でも、書き方がわからないんだよ!
すぐネタ切れする!
 
 
それが皆さんの抱えている悩みではないでしょうか。
今回は無料レポートのためのネタだしの仕方から、
レポートの形式面まで無料レポートのイロハを
お伝えしていこうと思います。
 
今回お伝えすることを確り抑えておけば、
アナタももうレポート作成で悩むことはなくなると思います。
 
ですので、無料レポートの作成方法がよく分からない人は
しっかりと今回の内容をインプットして頂ければと思います。
 
 

どんなレポートを書けばいいの??

 
まず、どんなレポートを書けばいいのかわからない。
 
内容はおろかジャンルすら決まっていない。
 
そういう人多いのではないでしょうか。
 
特に何でもいいからリストを集めたいという人は
このような傾向が強いかもしれません。
 
 
そこで、どんな無料レポートを書けばいいのかについて
お話していきます。
 
あなたがどんなレポートを書けばいいのか。
 
それは「あなた自身です。」
 
こんなことをいうと怒られそうですね^^;
 
 
つまり何が言いたいのかというと、
アフィリエイターならアフィリしたい商品、情報起業家なら
販売したい情報商材。
 
こういったものがあるはずなんです。
 
もし、これすらないなら、まずそれを決めることから
はじめてください。
 
 
決して無料レポートの作成からスタートということは
しないでくださいね。
 
話が少しそれました。
 
売りたい物が決まっているのであれば、
作成するレポートのジャンルはその商品が属するジャンル
ということになります。
 
 
例えばアナタがダイエット商材を販売したいのなら、
レポートは当然ダイエットに関するものにしなくてはいけません。
 
ダイエットする人にFXのレポートを紹介しても意味ありませんからね。
 
特典にすらなりません。
 
 
また、同じダイエットでも、その商品がどんなダイエット法なのか、
お腹のダイエットなのか、足のダイエットなのか。
 
その商品の狙いがどこにあるのかも考えましょう。
 
そして、無料レポートもできればそれに近いもの、
商材が足やせなら無料レポートも足やせに関するものといったように、
ジャンルを絞り込めるのが理想ですね。
 
 
こうすることで、自分が販売したい商品につなげやすくなります。
 
ですので、レポートのジャンルを決めるときは、
 
 
「自分が売りたい商品にできるだけ近いジャンルにする!」
 
 
これを意識してほしいです。
 
 

無料レポートのネタはどこから出す?

 
では、次に無料レポートのネタを探していきましょう。
まず、オンライン上でねたを探す方法です。
よく利用するサイトはこちら。
 
 
・ヤフー知恵袋
 
・ミクシイ
 
・2チャンネル
 
 
この3つのサイトは幅広いジャンルを押さえていますので、
自分の商品に関する情報を集めてみましょう。
 
検索の仕方は、商品名ずばりでもいいですし、
その商品のジャンルで調べてみれば、
関連する情報が出てくるはずです。
 
 
ですが、一つ注意してほしいことがあります。
丸々写してしまうと著作権違反になるということです。
 
ですので、ネタに使う場合は自分の言葉に置き換えて、
元ネタがわからないようにすることをオススメします。
 
 
次に、レポートの内容をどう考えるかについてお話します。
多くの人が勘違いしているのは、無料レポートは何かしらの
成功談を書かなくてはいけないと思ってしまうことです。
 
この考えは間違いなので、今すぐ捨ててください。
成功談よりも、むしろ失敗談の方が読まれるくらいです。
 
 
私はこうやって勉強したら偏差値が70超えました!
といったような立派な成功談よりも、
こんな勉強の仕方だったから、2浪しました(笑)のほうが、
ある意味目に付きます。
 
ですので、失敗談も立派なレポートのないようになることも
覚えておいてください。
 
 
また、日頃の日記がレポートの内容として
成立することもあります。
特にダイエット関係ですね。
 
ダイエット関係は、その実践経過を記録したものをまとめるだけで、
立派なレポートになります。
 
 
ダイエット関係の商品に興味のある人は、
特に実際商品に書いてあるようなことをすればやせられるのか。
どのくらいで効果がでてくるのかが気になるわけですから、
毎日の実践日記も十分需要があるというわけです。
 
 
このようにレポートのネタになるものとしては、
成功談を含めたノウハウだけではなく、
失敗談や日頃の記録もネタになるということを
覚えておいてほしいです。
 
 

レポートの内容で注意すべきこと

 
次にレポートの内容で注意すべきことをお伝えします。
先ほどもお伝えしましたが、著作権関係は要注意です。
誰かの記事やレポートを参考にする場合は特に注意ですね。
 
また、ノウハウレポートを書く場合に
特に意識してほしいのですが、レポート内容は
ノウハウの紹介だけで終ってしまうのはアウトです。
内容が抽象的になってしまい、
読んだ人はよく理解できないままです。
 
 
これだと、またこの人のレポートを読みたい、
この人から情報を受けたいとはならないですよね。
関係は終ってしまいます。
 
ですので、ノウハウレポートを書く場合は、
実践結果といった具体例を必ず乗せるようにしましょう。
 
 
こうすることで、そのレポートに書かれたノウハウの
信憑性も高まりますし、何より読者の理解が深まるので、
レポート作成者であるアナタとの関係も深まります。
ノウハウレポートではあくまで「具体的に」を意識していきましょう。
 
 

レポートの形式面はどれがいいの??

 
次にレポートの形式面についてお話します。
形式面はある意味中身よりも重要になってきます。
いくら優れた中身でも形式がめちゃくちゃだと、
読者は何が書いてあるのかがさっぱりわかりません。
 
読者の理解を深めるためにも、レポートの形式は重要です。
では、どうすればいいのか。
まず、レポートの骨組みをお伝えします。
レポートの構成としては大きく分けると、
 
  1. 端書
  2. 中身
  3. あとがき
 
3つで考えるのがベターです。
そして、「2 中身」を、内容に沿ってそれぞれの小題に
分けていきます。
 
この記事でも中身に関して4つの小題に分けています。
どのように小題を分けるかですが、
最初のうちはレポートを下書きしてから小分けにするというのが
やりやすいと思います。
 
 
次に、目次を入れるかどうかですが、当然入れてください。
読者にとってはどこに何が欠いてあるのかが最初にわかるのは
便利ですからね。
 
ユーザビリティー重視です。
 
レポートの構成ができれば、次に文字ですね。
 
適切な文字の大きさは「10~14」くらいですね。
 
これより小さかったり大きかったりすると、ちょっと読みにくいです。
 
 
次に行換えですが、3~4行に1行くらい、
テーマが少し変わる場合は2行くらいあけるようにしましょう。
 
また、色分けですが、ポイントと思うところは色付けしてあげると、
当然ですが読者はどこを注目すればいいのかがわかるので、
読みやすくなります。
 
しかし、あまりに多いと、どこが重要なのかが
逆にわからなくなるので、多様は禁物です。
 
 
色を変えるポイントは、多くても1ページ2から3箇所までですね。
 
次に、各章題の最後で、その章のポイントを
もう一度書くようにしておきましょう。
 
繰り返すことで、読んでいる人にとっては
どこが重要なのかが自然に入ってくるようになります。
 
以上のように形式面で注意するのは
 
  1. 「端書」「中身」「後書」の3部構成にする。中身はさらにテーマに沿って小分けにする。
  2. 文字の大きさは「10から14まで」にする。
  3. 3~4行くらいで行換えをする。
  4. ポイントとなるところは色付けする。ただし、1ページ3箇所までにする
 
といったところですね。
 
 
どうですか?
 
レポート作成をするにあたって、必ず押さえておかなくてはいけない
ネタ出しや、レポートとして備えておくべき最低条件を、お伝えしたつもりです。
 
ですので、後はこの内容を確り押さえて、
レポート作成に取り組めば、それほど詰まるようなところは
ないはずです。
 
 
最初は時間がかかるかもしれませんが、
慣れてしまえば無料レポートくらいなら1時間で17ページくらいの
レポートを1本くらいかけてしまいます。
 
量産する事だって簡単です。
 
メルマガアフィリなどでは配布できるレポートがいくつあるかが、
売り上げにつながりかねませんので、
是非今回の内容をマスターし、アナタだけの無料レポートを
量産してみて下さい。
 
 
いいレポートを作成されたら、是非私に読ませてくださいね^^