YouTubeの動画を使って稼ぐ方法と言うと、これまではYouTubeの動画をブログやサイトの一部に表示させて、アクセスアップのためのコンテンツとして利用し、そして記事を書いてその文字情報を元にしたアドセンスが表示されて収益が出る。

そんな仕組みがこれまでのGoogleアドセンスでした。しかし、今は便利ものがあります。あまり、まだ使っている人がいないのか、この方法を使ったブログなどを見かけることは少ないです。

 

実際に、どういうものか見てみましょう。その方が、早くどんなものかがつかめると思うので。

 

 

こちらは、Google側で提供されているサンプルの動画をキャプチャしてきたものです。画面の赤枠で囲った部分をご覧下さい。動画の画面の上と下にAds by Googleという見慣れた文字があるのがわかるかと思います。

そうです、これがYouTubeに貼り付けるアドセンスなんですね。アドセンス広告は、動画の内容に沿ったものが出てくるようになっています。

 

前に、ニュースでGoogleが画像から、その画像がどんな画像なのかという認識する技術を開発しているというのを見たことがありますが、それに近いものなのか、どうやって動画に合った広告を選びだしているかはわかりませんが、動画に関連した広告が出るようです。

Googleアドセンスと言えば、アカウント削除とのギリギリのラインでの駆け引きが続くのでドキドキものですが、このYouTubeを絡めた新スタイル「動画ユニット」ならば、あなたのブログやサイト作成が楽になるかもしれません。

 

文字たくさん書かないと削除されてしまうのが今のアドセンスですが、この動画ユニットはこれ自体でブログのコンテンツの一部になり得ますので、この動画ユニットとちょろちょろっとアクセスアップの文章を書いておけば、それほど労力をかけずにアドセンスで稼ぐブログが出来ます。

まだ、それほどこの動画ユニット広告は見ないので、珍しがってクリックするという可能性も考えられます。新しいことにチャレンジしてみたいという好奇心旺盛な方、もっと収入の柱を構築したいという方は、この動画ユニット広告をぜひ取り入れてみたらどうでしょうか。

 

では、さっそく登録方法を見ていきましょう。まずは、あなたがお持ちのGoogleアドセンスのアカウントにログインしてください。アドセンスのアカウントを持ってない方は、取った後にこの先を読み進めてもらえればと思います。

アドセンスのアカウントにログインしたら、Adsense設定という箇所をクリックしてください。すると、下記のようなページが出ると思います。

この赤枠で囲った部分から動画ユニットの広告を作成していきます。では、動画ユニットをクリックしてみてください。

クリックするとこのような画面が出ます。赤枠で囲った部分の左上にチェックを入れるとこがあります。そこにチェックを入れると、「動画ユニットの使用開始>>」といボタンが出ます。ボタンが出たら、それをクリックしてください。

 

YouTubeにログインするページが出てきます。YouTubeにアカウントを持ってないものとして説明します。Googleアカウントを使ってYouTubeに登録出来ますので、GoogleアカウントでYouTubeに登録しちゃいましょう。

 

赤枠で囲った部分をクリックしてください。

このような画面が出ますので、Googleアカウントでログインしましょう。

ログインするとこのような画面が出ます。「YouTubeとGoogleのアカウントを統合する」とありますが、ここで必要事項を記入して赤枠で囲んだ「マイアカウントを作成する」という部分をクリックしてください。

実際は、この画面の前にアドセンスのアカウントを確認するために、電話番号の下5桁、郵便番号等を確認するページがあります。そのページで情報を書き込むと、上記のような画面が出ます。サイトやブログに載せるためにAdsenseプレーヤーというのを作成する必要があります。

作るのは簡単ですので、赤枠で囲った部分をクリックして先に進みましょう。

プレーヤー名と説明を入力します。ここを入力しないと、ブログなどに貼り付けるためのコードを作成する際にはじかれてコードが作成できないです。適当にニックネームを決めて入力すればいいでしょう。

テーマとレイアウトは、あなたのブログのデザインに合うように設定してみてください。レイアウトは、1度作成すると変更出来なくなるみたいなので、慎重に選びましょう。

 

右上の、プレーヤービューで見ることが出来ますので、ここでチェックしながら選ぶと良いでしょう。さらに下の方にスクロールすると下記のような画面が出ます。

キーワードという部分に、自分のブログなりサイト、さらに表示させたい動画のキーワードを入力して、赤枠で囲った「クリックして動画をプレビュー」という部分をクリックすると、どんな動画を広告付き動画として利用できるかのプレビューが出ます。

あとは、コードを作成という部分をクリックします。

赤枠で囲った部分をブログなりサイトに貼り付けると、広告付きの動画が表示されます。テーマごとに、プレーヤーを作成して保存しておくといった感じに出来ます。実際にどんな感じに保存するのか見てみましょう。

このように、プレーヤーを複数作ることが出来ます。キーワードごとに細かく分けてもいいでしょうし、デザインごとに分けるといった感じでも良いかと思います。

プレーヤーを削除することも簡単に出来ますので、色々いじくってみてどういったものか感じをつかんで頂ければと思います。最初は私もとっつきづらく感じたんですが、今では簡単にさくさく色んなテーマでプレーヤーを作成しています。

実際に、ブログに埋め込んでみました。サッカーに関する記事を書いた後に、Adsenseプレーヤーでサッカーをキーワードにして作成したコードを貼り付けました。きちんと、サッカーに関するアドセンス広告が出ていますね。

テーマに沿ったキーワードをAdsenseプレーヤーで作成することで、より自分のブログやサイトに合った広告を表示させることが出来るようになると思います。

 

ただ、現状では広告を埋め込める動画がYouTubeにアップされてる動画のごく一部なので、これからどんどん増えてくると思われるので、今のうちに操作になれておいて頂ければと思います。

あと、まだYouTubeの動画部分にアドセンスが表示されるのは珍しいので、珍しくてクリックされるという効果も期待出来ますので、早めにやって取り組んで頂ければと思います。