自分のサイトにアクセスを集めるためにSEOを勉強し
自分のサイトを検索エンジンで上位表示させた。
 
なのにアクセスが集まらない(><)
 
そうお嘆きの方。
 
また、アクセスを増やすためのコツを知りたい。
 
今回は、そういった方にお役に立てればと思います。
 
 
SEOで上位表示させれば稼げると思ってる方も多いのですが、
上位表示させてもアクセスが集まらないと稼げません。
 
さらに言うと、稼げないキーワードで上位表示させても稼げません。
 
 
「カリフラワーというキーワードで1位!」
「おっさんというキーワードで2位!」
「リモコンというキーワードで3位!」
 
 
こんなキーワードで上位表示させても稼げない訳です(笑)
 
もともと、月間検索回数が少なかったりしますからね、
このようなキーワードの場合は。
 
 
さらに、キャッシュポイントがこれらのサイトには見つけにくいです。
 
アドセンスをはってたとしても、クリック単価は低いので稼げないのは
間違いないでしょう。
 
 
実際、カリフラワーでGoogleで調べてみましたが、
広告表示が出なかったので、カリフラワーのサイトにアドセンスを貼っても、
カリフラワーと関係ない広告が出てしまうでしょう。
 
 
アドセンスを少しでもやったことのある方ならわかるかと思いますが、
属性のずれた広告はクリックされることはほとんどないです。
 
カリフラワーのレシピなどを知ろうとサイトに来た人が、
カリフラワーのサイトに受験の勉強法の広告が出ても
クリックはしないわけです。
 
興味のずれがありますから。
 
 
話がちょっと脱線してしまったので元に戻しますが、
では、月間検索回数も多く、稼げそうな狙ったキーワードで
上位表示させることが出来たのにアクセスが集まらない場合は
どうしたらいいのか。
 
 
月間検索回数が多いのにアクセスが集まらないのには、
原因があるわけです。
 
何が原因だと思いますか?
 
 
それは、タイトルです。
 
 
あなたは、自分が知りたいキーワードで検索して、
どのサイトを訪問するか決めるのに、
何を決め手にそのサイトを訪れようと思いますか?
 
 
タイトル、または、そのサイトの説明文ではないでしょうか?
 
 
説明文は検索エンジン側で勝手にかいつまんで
表示されてしまいますが、
タイトルは変えられることはありません。
 
 
ならば、タイトルに気を配り、思わずクリックしてサイトを
訪問してしまうようなタイトルを付けたら
アクセスが上がると思いませんか?
 
あるキーワードで、検索エンジンの1位2位3位と見たときに、
3位のサイトのタイトルが気になって思わずクリックしてしまった
というような経験はありませんか?
 
 
ありますよね?
 
 
例をあげましょう。
 
下の画像をご覧下さい。
 
 
 
「ハゲ 増毛」というキーワードで検索した際に出た結果です。
 
5位のサイトのタイトルと説明文を見てみて下さい。
 
 
バカ若ハゲ、増毛パウダーの使い方とタイトルにあります。
 
めちゃくちゃ気になりませんか?(笑)
 
 
すごい気になって、1位から4位のサイトをすっ飛ばして、
このサイトを一番最初にクリックしてしまう・・・
 
こういうことも充分に考えられます。
と言いますか、めちゃくちゃそういうパターンってあるんですよ。
 
 
さらに、説明文を見てみると、
「増毛パウダーの使い方」あの「粉」の使い方ですとあります。
 
 
テレビの通販とかでやってたりしますよね。
 
 
この粉を頭にかければ、一瞬でハゲが隠せて
自然な仕上がりにとかいう商品です。
 
 
実際使ってる人なんてお目にかかったことがないので、
どうやって使うのかな?と、増毛には興味のない私でも
気になってしょうがなくなります。
 
 
しかも、タイトルにはビデオ共有と出てるので、
動画で見れることが予測されます。
 
 
これは、サイト訪問しちゃうと思いませんか?
 
上手いタイトルのつけ方だなと思います。
 
 
4位のサイトも気になりますね。
 
「ハゲたい。規則正しく、ハゲる方法を教えろ」とタイトルにあります(笑)
 
 
これらのサイトは、若干奇をてらったタイトルのつけ方になってますが、
タイトルのつけ方次第で、上位1~3位をすっ飛ばして
つい見たくなってしまうという例で紹介しました。
 
 
このように、タイトルをつける際に、
ライバルサイトよりも気になるタイトル、
問題解決したいと思ってる人の気持ちに
 
ずばり応えるタイトルなどにすることによって、
自分よりも上位にいるサイトよりもアクセスを集めることも
可能となってきます。
 
 
ニュースブログなどを運営している人などがアクセス集めにやる方法で
以前にYahooニュースにトラックバックを打つというのがありました。
 
これもタイトルを生かしきれていないサイトをたくさん見かけたものです。
 
 
私も以前やっていたのですが、
Yahooニュースの関連ブログという部分に掲載されると、
ニュース次第では1日で2000アクセスとか呼び込めたりもします。
 
 
「タイトルが重要なのはわかった。
でも、そんなに上手いタイトルなんか思い浮かばないよ」
 
 
はい、私もそうです。
 
アフィリエイトサイトをたくさん作ったり、
更新したりして文章を毎日のように書いている今でも、
タイトルには苦戦します。
 
今も、毎日が勉強です。
 
 
自分でゼロからタイトルを考え出すのは非常に難しいですが、
これから紹介する方法を参考にすることで、
自分でゼロから考えるよりも上手いタイトルを付けるのが
楽になると思います。
 
 
私がタイトルの参考にしてる情報源は色々あります。
 
リスティング広告というのをご存知でしょうか?
 
アフィリエイトをやられていればご存知かと思いますが、
私はこのリスティング広告をタイトルを付ける際に参考にしています。
 
 
実際に見てみましょう。
 
 
 
上記の画像は、以前にYahooで「クレジットカード 審査」というキーワードで
検索して出てきたリスティング広告です。
 
 
上から、6つありますが、どの広告が最もクリック率が高いと思いますか?
 
 
この中では、ダントツに上から2番目の広告がクリック率が高いはずです。
 
検索したキーワードは「クレジットカード 審査」です。
 
このキーワードで検索する人は、何を知りたいのでしょうか?
 
クレジットの審査が通るかどうか不安な方ですよね?
 
 
検索する人は、クレジットの審査が通るかどうかを知りたいのに、
このキーワードに「イオンカード<公式サイト>」、
「人気のクレジットカード一覧」なんて広告を出稿しても、
検索してきた人はクリックするでしょうか?
 
しないですよね。
 
 
「でも、上から2番目と下から3番目のタイトルは同じだけど、
何で上から2番目の方がクリック率が高いと言えるの?」
 
 
タイトルの下の説明文を読んでみてください。
 
ここに決定的な違いがあります。
 
上から2番目の方が優れているのは、
「クレジットカード 審査」で検索してくるであろう人が
どんな人なのか予測している点です。
 
 
クレジットの審査を不安に思うであろう人々を的確にとらえています。
 
フリーター、派遣、自営、借入中でも審査に通りやすい」
 
と説明文にあります。
 
「クレジット 審査」で検索してくるターゲットと、
ターゲットの心理を的確にまとめあげています。
 
あるサイトでサイトを作る場合、そのキーワードで検索してくる人の属性、
心理をつかんでサイト作りをするのが稼ぐのには必要になってきます。
 
 
タイトルが思い浮かばないという時は、
そのキーワードで検索して出るリスティング広告の文章を参考に
タイトルを付ければいい感じのタイトルが作れます。
 
 
リスティング広告を出す広告主は、クリックされる度にお金を取られるので、
真剣になって練りに練ってタイトルや説明文を考えます。
 
お金がかかってるのでガチンコです。
 
趣味でサイト運営をやっていたり、稼げてないアフィリエイターとは
本気度が違います。
 
 
そういったタイトルを参考にすれば、
タイトルが上手くつけられると思いませんか?
 
もちろん、丸ごとパクってはダメですよ。
 
訴えられちゃいますので。
 
 
タイトルが重要なのは、お分かり頂けたでしょうか?
 
お分かり頂けたところで、さらに、タイトルの考え方をいくつか紹介します。
 
 
私がタイトルを付ける際、情報商材のタイトルを参考にするときもあります。
 
情報商材は、タイトルが非常に大事です。
 
タイトルに魅力がなければ、その情報商材に魅力を感じませんよね?
 
 
情報商材を販売している人が練りに練って考えたタイトルは
非常に参考になります。
 
インフォトップやインフォカートを調べれば、たくさん出てきますよね。
 
 
例えば、あなたが競馬のサイトを作りたいとしたら、
競馬の情報商材のタイトルやセールスページを参考に
タイトルやサイトのコンテンツを作ってみてはどうでしょうか。
 
いいコンテンツが出来ると思います。
 
くれぐれも、パクリはダメですので気をつけてくださいね。
 
 
他には、無料レポートの配信スタンドなんかにいけば、
無料レポートがたくさんありますよね。
 
その、無料レポートのタイトルを参考にするのも非常に効果的です。
 
無料レポート配信スタンドは、スゴワザやメルぞうなど色々ありますね。
 
 
あと、私が参考にしているのは、雑誌やテレビ、電車の中づり広告などで
目にしたキャッチコピーなどです。
 
私は、気になったキャッチコピーや、上手いなぁと思ったタイトルなどは
受験生や学生がよく使っている単語カードに
書き写してストックしていってます。
 
今は、かなりの数の単語カードが増えました。
 
タイトルやキャッチコピーを考える際には、
単語カードを止めているリングをはずし、
単語カードをテーブルにずらっと並べています。
 
バラバラの単語カードを眺めてみて、
これとこれをつなげたらどうだろう?とか、単語カードに書かれたタイトルや
キャッチコピーをつなげてみて、これはいい!
と思うようなタイトルを作りあげています。
 
 
私が、タイトルを考え出す際にやっている方法、
思考を紹介しましたが、お役に立ちましたでしょうか?
 
こういった細かな他の人がやらないような努力を継続してこそ、
アフィリエイトで結果が出てくるようになるんです。
 
アフィリエイト収入の増大、
サイトへのアクセスが大幅に増えたという結果に
つながれば幸いです。