超初心者のための「ゼロからはじめるブログアフィリエイト」ですが、
今回で第三弾です^^
 
このシリーズの目的は、アフィリエイトについてまったく知らない
という方でも、アフィリエイトで稼げるんだという実感を
もっていただくためのホントに基礎的なことからお伝えしていくことです。
 
 
前回までにお伝えした内容は、アフィリエイトとは何か?
という超基礎的なことからお勧めブログの紹介、
そして、ブログの記事の書き方や具体的なキャッシュポイントの
おき方についてなど基本的なことをお伝えいたしました。
 
もちろん、基本的なことですので、これだけで100万といった
高額収入までは届かないでしょうが、それでもいくらかは
稼げると思います。
 
このネットでお金を稼ぐことが出来るんだという実感を得ることが
はじめは本当に重要なのです。
 
それすら分からず、高い商材を購入して
言われるがままにやり続けた。
 
でも、収入は0というのではどうやってもモチベーションは
続きませんよね。
 
無料ブログを使って元手0なのに、いくらかネットでお金を
稼ぐことが出来てしまった。
 
その感覚が非常に重要なのです。
 
 
もちろん、その最初の収入を得るまでにかけた時間は、
かなりのものかもしれません。
 
時間給に直すとバイトしてる方が遥かにマシだぞ!
ということにもなるかもしれませんね。
 
ですが、一度収入を稼げる体験をしたら、
後はそれをどうやったら効率化することが出来るのか。
その方法を発見するだけです。
 
それさえできれば、後は雪達磨式に増えていく。
そして、いつの間にか100万円とかにまで膨れ上がっている。
 
それがアフィリエイトの世界なんですね。
 
そこで、今回は、収入の柱をより効率よく構築していくための方法を
ご紹介していきたいと思いますが、Vol.1とVol.2を
まだ読んでいない人は、先に読んで下さいね^^
 
 
 
 
それでは、いきますね。
 

効率よく稼ぐためには??

まず、ネットで収益を上げるためには重要なのは
何かわかりますか??
 
多くの人はサイトならアクセス数だろうという方が
多いかもしれませんね。
 
確かに、アドセンス主体で行くのであれば
アクセス数が要になります。
 
前回までの内容でお伝えしましたが、アドセンスの収益は
アクセス数と比例します。
 
なので、アドセンスで例えば100万稼ぐためには、
アクセス数を相当稼ぐ必要があります。
 
ですが、アクセス数を稼ぐためにはめちゃくちゃ大変な
作業なんですよ。
 
いや、FXとかダイエットで検索で1位になればアクセスは
たくさん集まるだろう。
 
という考えをもったかもしれませんが、これは無理に近いですよね。
 
これも前にもお伝えしましたが、検索回数が多いビッグキーワード
といわれるものについては、競争がかなり激しく
今から参入する余地はほとんどありません。
 
ヤフーカテゴリーサイトやその他企業サイトが多額のお金をかけて
しのぎを削っている。
 
それがダイエットやFXといったビッグキーワードの
上位争いの世界なんですよね。
 
となると、アドセンスだけでは効率よく稼ぐというのは
難しくなってきます。
 
そして、楽天アフィリエイトもやはりアクセス数にある程度
依存しますので、これだけで収入を拡大させるというのは難しいです。
 
となると、より収入を拡大させるためにはどうすればいいのか?
 
それがASPアフィリと呼ばれるものです。
 
 
これはアドセンスなどとはどう違うのかというと、
アドセンスはクリック型報酬であったのに対して、
このASPは成果報酬型です。
 
つまり、クリックして移動したサイトで、サービスの申込や
商品の購入といった何らかのアクションを訪問者がすることで
始めて報酬が発生するというものです。
 
そのため、アドセンスよりは難易度が高いアフィリエイトですね。
ですが、1回あたりの報酬はアドセンスよりも
はるかに高いものが多いです。
 
 
キャッシングなら1回の成約で5万円以上するものだってあります。
アドセンスで5万円以上稼ぐとするなら、
アドセンスは1クリックあたりの最低単価は日本で確か7円くらいなので、
仮に7円で計算した場合、7143回くらいクリックしてもらう必要があります。
 
アドセンスクリック率はよい方でアクセス数の10%とかですから、
アクセス数が月に7万1430アクセスくらい必要ですね。
 
1日平均すると2381アクセスです。
 
1日に2381アクセスもあるサイトを作るとなると、かなり大変です。
多くの人はその前に挫折するでしょう。
 
ところが、ASPアフィリの場合、100アクセスで1件成約
場合によっては20アクセスで1件成約ということだってあるんです。
 
これがASPアフィリの強みですね。
 
ですが、これを実現するためにはただサイトにASPの広告を
張っているだけではダメです。
 
おそらくそのやり方だと、1万アクセスあっても
0ということだって充分に考えられます。
 
ですが、やり方次第では100アクセスに1件、
20アクセスに1件成約ということだって可能なのです。
 
では、どうやればいいのか?
 
そのあたりについてお伝えします。
 
 

ASPで高い成約率をたたき出すためには?

では、先ほど上げたように高い成約率を上げるには
どうすればいいのでしょうか。
 
ポイントはキーワードです。
 
このキーワードをどれだけ絞り込めるかが鍵になりますね。
まずそのために必要なものをそろえましょう。
 
まずは、ブログにアクセス解析を設置しておきましょう。
 
アクセス解析も色々とありますので幾つかここで紹介します。
 
 
・リサーチアルチザン
 
 
 
・アクセスアナライザー
 
 
 
・アクセス解析 i2i.jp
 
 
 
 
 
・忍者アクセス解析
 
 
 
こういったアクセス解析を毎日更新しているブログに設置しましょう。
 
で、そのアクセス解析を毎日チェックします。
チェックするところは自分のサイトにどのようなキーワードを
検索してたどり着いているのかです。
 
とはいえ、何をアフィリエイトするのかも決まっていないのに、
キーワードなんてどうやってみればいいのかわからない!
という声が聞こえてきそうですね。
 
そのため、次にASPサイトに登録しましょう。
 
幾つかASPを挙げておきます。
 
 
・バリューコマース
 
 
 
 
・アフィリエイトB
 
 
 
 
・アクセストレード
 
 
 
 
・A8.net
 
 
 
 
 
代表的なのはこんなところですかね。
 
ちなみにアクセストレードはFXや株といった投資関連の広告が
充実しています。
 
で、次にどんな広告を探すのか。
 
まずは、自分のアフィリエイトしたい広告を探しましょう。
自分の得意分野で探した方が、
アフィリエイトする記事も書きやすいです。
 
で、成約単価が大体3000円以上のものを選びましょう。
 
なぜなら、あまりに安いと逆にアドセンスより
稼げなくなってしまいます。
 
100アクセスで1件成約するけど単価は5円なら、
アドセンスのほうがいいですよね。
 
で、広告を探す数ですが、これは出来る限り
たくさんの広告を見つけてください。
 
1個だけだと、その広告が需要がなかったり、
あるいはその広告をアフィリしているサイトが強力なところばっかりで、
 
自分のサイトにはほとんどアクセスが来ないかもしれない
というものだとすると、いくらがんばって記事を書いても、
キーワードをアクセス解析で見ても無駄に終ってしまいます。
 
こうやって、広告をきめれば、次にやることはというと、
毎日更新しているブログに、この広告の属性とあった記事を
作成していきましょう。
 
 
具体的には、例えばFXの広告である【外為どっとこむ】を
アフィリしようとするのであれば、更新しているブログに
FXに関する記事や、外為ドットコムのサービス内容、
その他FX会社に関する記事などを作成していきます。
 
もちろん、1記事ではダメなので、大体400文字以上の記事を
最低でも10記事以上は書くようにしましょう。
 
そうやって記事を作成しながら、アクセス解析でどんなキーワードで
自分のサイトに来ているかをチェックします。
 
で、チェックする時に考えてほしいのは、
なぜ、そのキーワードで検索してきたのかを検索者の立場になって
考えることです。
 
それと同時に、アフィリしたい広告に自分が申し込むなら
どんな検索をかけるかも考えて見ましょう。
 
この2点、めちゃくちゃ重要です!
 
それをすることで、じゃあどんな情報があって、
どんな商品を勧めればいいかが見えてきます。
 
 
これはこのキーワードがあればOKという
方程式みたいなものはないので、
自分で実感していただくしかないのですが、それを考えることで
広告の属性に合ったキーワードを見抜く能力が鍛えられます。
 
そして、自分がこれだと思うキーワードが見つかれば、
それをタイトルと本文に入れてASP広告を勧める記事を
書いてみましょう。
 
それを繰り返すことで、アフィリエイトの実力が付いてきます。
 
 
見抜く力が付くと、月に100アクセス、20アクセスしかないのに
ASPアフィリが1件2件成約するということが起こります。
 
しかも、そのように月間100アクセスや20アクセスしかない
キーワードはライバルがほとんどいないので、
上位表示も比較的簡単に出来ます。
 
はじめはうまくいかないかもしれませんが、
ぜひ練習を重ねていってほしいです。
 
 
今回は、以上で終わります。
 
次回はラストということで、これにもう少し踏み込んだ内容について
お話したいと思います。