アフィリエイトをやっていく上で、商品紹介記事・レビュー記事を
書くと言う作業は必須となってきます。
 
特にブログ記事などにおいて、大きな間違いを犯してしまっている人も
少なくありません。
 
 
今回は、アフィリエイトにおける商品の紹介記事・レビュー記事を
書く際の注意点や効果的な記事を書くためのコツをお伝えします。
 
 

コピペ文章のみではオリジナル性がゼロ

 
アフィリエイトを始めたばかりの初心者によくありがちなことは、
レビュー記事を書く際に販売ページの文章をそのままコピーして
それをブログ記事文章として貼り付けて終了。
 
 
こういったパターンでブログ記事をポストしている初心者も
実は多かったりします。
 
販売ページの文章をコピペするということ自体を否定している
わけではなくて、販売ページの文章をコピーしただけの内容で
記事が構成されていることがマズイのです。
 
 
私も商品を紹介するときに、販売ページの文章を拝借する時も
多々ありますが、その文章だけで記事をポストするというlことは、
絶対にありません。
 
コピペした文章だけで構成されたブログ記事というのは、
言ってみればオリジナル性は皆無です。
 
 
オリジナル性が無いコピペ文章で構成されたブログ記事が
検索エンジンから評価されると思いますか?
 
 
される筈が無いですよね。
 
 
検索エンジンから評価されないということは、検索エンジンにおいて
上位表示されることは無く、むしろ圏外に飛ばされてしまう可能性の方が
高いでしょう。
 
オリジナルの文章を書くというのは、超基本的なことですので、
楽したいからと言って、コピペ文章のみで構成されたブログ記事を
投稿されないように注意しましょう。
 
 

商品概要は、販売ページに書かれているということを理解する

 
次に注意すべきこととしては、
 
 
「基本的に商品概要は、販売ページに書かれている」
 
 
ということです。
 
意外とこの部分を理解せずに記事を書いている人も少なくありません。
 
商品概要というのは、販売ページに記載されていますよね?
 
それと全く同じ説明だけで終始している商品紹介・レビュー記事では、
基本的にあまり意味が無いということを理解出来ますでしょうか?
 
 
もちろん、ある程度の商品概要を記事として書く必要はありますし、
私自身も書いています。
 
ですが、それだけで構成された記事というのは、
悪く言えば、意味の無いブログ記事となってしまうのです。
 
 
だって、そうですよね?
 
全く同じことが、販売ページにも記載されているわけですから。
 
極端な話、ユーザー側からしたらそのような商品紹介・レビュー記事を
読む必要性や意味がないということになってしまうのです。
 
 
オリジナルの文章を書けても、意外とこの部分を理解出来ずに、
ブログ記事を書いてしまっているというパターンも多いですので、
ぜひ、覚えておくことをおすすめします。
 
 

ユーザーが何を求めているのかを理解する

 
商品紹介・レビュー記事を書く際に注意すべきことを2点お伝えしましたが、
ここからは、その2点を踏まえた上で、どのような記事を書いていけば良いのか?
 
どんな構成にすれば効果的な商品紹介・レビュー記事が出来上がるのか?
 
その辺についてお伝えしていきたいと思いますね。
 
それでは、いきます。
 
 
そもそも、あなたが書いた商品紹介・レビュー記事は誰に見て欲しいのでしょうか?
 
 
「そりゃ、商品に興味がある人でしょ」
 
 
はい、確かにそうです。
 
では、その「商品に興味がある人」というのは、どこから来るのでしょうか?
 
様々な経路でブログ記事に辿り着きますが、主な経路としては
検索エンジンからになるでしょう。
 
 
検索エンジンで、ユーザーが例えばですが、あなたが書いた
紹介記事で紹介されている商品名などで検索してあなたのブログに
アクセスしてくる。
 
では、なぜそのユーザーがその商品をネットで検索して
わざわざ個人のブログ記事を見に来るのでしょうか?
 
 
もちろん、単純に「今すぐ、その商品を買いたい!」
という状況でアクセスしてくる場合もあります。
 
そういった場合は、今回私が書いたようなセオリーが、
全く無関係になる場合もあります。
 
 
なぜならば、「今すぐにその商品を購入したい」という人にとって、
ブログ記事の文章の上手い下手や、記事内容というのは、
全くもって関係が無いのです。
 
今すぐ、その商品を購入する!
ということがユーザーの中で既に決定されているからです。
 
 
一番成約率が高まるパターンと言うのは、
言うまでも無くこのパターンです。
 
しかし、こういった客層を日常的に自分のブログに呼び込むためには、
絶対的に検索エンジンでの上位表示が必要となってきます。
 
 
検索結果、1ページ目での表示。
 
もっと言えば、1ページ目でも上位の方ですね。
 
 
この位置に常に自分のサイトやブログが表示されていないと
そういった客層(=今すぐ購入する人達)を継続的に自分の媒体に
呼び込むことは難しくなってきます。
 
もちろん、キーワードも非常に重要になってきます。
 
今すぐ購入する人達が、どういったキーワードで検索するのか?
 
という部分を考慮して記事タイトルや記事文章を書く必要があります。
 
 
ですが、ネットで検索する人達というのは、
先ほどから言っている「今すぐ購入する人達」ばかりではありません。
 
むしろ、「今すぐ購入するような人」以外の場合も非常に多いわけです。
 
それでは、話を戻しますが、
「今すぐ購入するような人」意外の人達というのは、
何を求めて個人が書いたブログ記事などを見に来るのでしょうか?
 
 
それは、下記のようなことなのです。
 
 
「実際に購入した人の感想・評価・口コミ」
 
 
これらを知りたくて、ユーザーは、わざわざ一個人が書いた
ブログ記事を見て回ったりするのです。
 
商品によっては、販売ページに「購入者の声」のようなものが
記載されていることも多いですが、ネットで商品を購入することに
慣れてくると人というのは、そのような販売者が掲載している
「購入者の声」に書かれている内容は話半分で見たりするわけです。
 
 
つまり、
 
 
「この購入者の声に書かれている内容は、本当なのか?」
 
 
という感情を持つわけですね。
 
だって、基本的には販売ページに載っている「購入者の声」というのは、
良いことしか書いていませんからね。
 
 
だからこそ、実際に購入している、変な話ですが
「本当の生の購入者の声」が聞きたいのです。
 
こういった、購入を検討しているユーザー側の心理をしっかりと
理解していないと、本当の「読者にとって有益な情報」というのは、
発信できないわけです。
 
 
読者にとって有益な情報をブログで発信することの重要性については、
こちらの記事を読んで頂けると理解が深まります。
 
 
つまり、検索エンジンで商品を検索する多くのユーザーは、
実際の購入者の口コミや感想・評価などを求めているので、
 
  • 販売ページのコピペ文章
  • 販売ページに書かれていることと全く同じ商品説明
こういった記事なんていうのは、3秒で閉じられるのです。
 
 
要するに、そういった記事から売上が発生する可能性と言うのは、
非常に低いのです。
 
にも関わらず、そのようなユーザーが求めていない記事ばかりを書いて、
 
 
「稼げないんです・・・」
 
 
これ、当たり前の話なんですね。
 
 
ですので、商品紹介・レビュー記事を書くときには、
しっかりとユーザー側の気持ちになって、
何を知りたいのか?を意識しながらそれに沿って記事を書くことを
私はおすすめします。
 
 

読んで貰える記事を書くには

 
さて、ユーザー側の気持ちになって、ユーザーが知りたいであろうことを
意識しながら記事を書きましょうということなのですが、
実は、何も難しく考えることは無いのです。
 
 
実際に、自分が購入している商品であれば、
自分なりの率直な感想というものが何かしら必ずあるはずです。
 
  • 実用的なものであれば、実際に使ってみてどうだったか?
  • 販売ページに書かれているような効果は有ったのか無かったのか?
  • 無かったのであれば、どの程度の効果だったのか?
  • 教材などであれば、実際に読んでみてどう感じたのか?
  • 教材の内容は分かりやすいのか?分かり難いのか?
  • ツールなどであれば、使い勝手はどうか?
  • 不具合などは無いか?
  • ツールによる効果は出ているのか?出ていないのか?
などなど・・・、挙げればキリがありませんが、
こういったことが必ずある筈なんです。
 
そういったことを、そのまま記事として書けば良いのです。
 
それこそが、商品の購入検討をしている人達の求めている内容なんですよ。
 
そういったことを知りたいからわざわざ検索エンジンで時間を割いて、
調べたりするわけですよ。
 
 
ユーザーが求めていることを記事にすれば、多少文章が下手でも
それは、「読んで貰える記事」なんです。
 
 

さらにクオリティーの高い記事に仕上げる効果的な方法

 
これまでにお伝えした事をしっかりと理解出来て、
ユーザーが求めている内容を少しずつ書けるようになったら、
さらにクオリティーの高い記事を目指してみましょう!
 
 
実際にどのようなことをすれば良いのかという部分を
お伝えしますね。
 
 
実際の商品の写真を撮って、記事内に載せるんです。
 
販売ページにも商品の写真が載っていたりしますが、
あえて、自分で写真を撮ってそれをブログ記事に載せます。
 
これだけでも、その記事のクオリティーはUPしますよ。
 
 
情報商材などであれば、実際のファイルの画像や、
購入者専用ページの画像などを載せるというのも効果的です。
 
ツールなどであれば、実際のツールのインターフェイス画像を
載せたり、動画を扱えるようであれば、ツールを使用している様子を
動画で撮ってそれを記事内にアップするとかですね。
 
 
そもそも、このようなことをするとなぜクオリティーが高くなるのか?
 
まず、第一に「親切」ですよね?
 
常にユーザー側の立場に立って考えましょう。
 
 
そして、ユーザー側が商品のイメージをしやすいというメリットがあります。
 
つまり、それは購入に至る状況になりやすいということです。
 
ということは、アフィリエイト報酬が発生する要因にもなるんですね。
 
 
最初は、中々難しいかもしれませんが、慣れてくれば当たり前のように
書けるようになりますし、成約率を上げていくことも出来ますよ。
 
とにかく最初は、基本的な部分・土台の部分を外さないように
記事を書いていき、徐々に記事の価値・クオリティーを上げていくこと
おすすめします。
 
 
それでは、参考にしてみて下さい(・∀・)b