ブログ記事を書く時は、「良質なコンテンツ」を意識しながら私は書いています。
 
ブログの記事を日々投稿していくからにはたくさんの人に読んで欲しいと
思うのが普通ですよね。
 
 
では、どうすればたくさんの人に読んでもらいやすいブログ記事を
書けると思いますか?
 
ここで言う「たくさんの人に読んでもらいやすい」というのは、
ブログにアクセスを呼び込むということでは無く、
アクセスを呼び込んだ後に記事を最後まで読んでもらえるかどうか?
という部分での話しです。
 
 
今回は、執筆したブログ記事を最後まで読んでもらいやすくするための
簡単に出来る2つのテクニックについてご説明します。
 
つまり、記事の精読率UPを促す方法という部分ですね。
 
 

記事の中に見出しを入れる

 
まず一つ目のテクニックは、「見出し」です。
 
見出しとは、今まさに私が上で使った「記事の中に見出しを入れる」という部分ですね。
 
この見出しを付ける理由は、まずはその見出しの下の文章に
何が書かれているかを簡潔に示すことが出来るということです。
 
そして、見出しを適所に設けることで、記事全体にまとまりが出来、
読者が記事を読む際に、読みやすくなるのです。
 
 
読みやすくなると言うことは、最後まで記事を読んで貰えるという部分に
大きく関わってくるのです。
 
 
「見出しってどうやって付けるの??」
 
 
という初心者の方のために、一つだけ例を挙げておきますね。
 
下記のタグをコピペで記事内に貼り付けてみて下さい。
 
 
<div style="padding:3px 5px;border-color:#6666ff;border-width:0 0 1px 7px;border-style:solid;background:#F8F8F8;">見出しタイトル</div>
 
 
こんな感じの見出しが出来ます↓
 
 
記事内の節目話題転換時に見出しを使うと良いでしょう。
 
 
 

画像を活用する

 
2つ目のテクニックは、画像を活用するということです。
 
記事内に画像を活用することで、テキストのみで構成された寂しい印象に
アクセントを付けることが出来ます。
 
 
そもそも、テキストのみで構成されているブログ記事は、
どことなく寂しい感じがしませんか?
 
稼いでいるブログやサイトを見渡しても、やはりこの画像というのを
とても上手に使っています。
 
 
おすすめの使い方としては、やはりアイキャッチ画像ですね。
 
私のブログ記事の冒頭に何かしら画像がありますよね?
 
あれがアイキャッチ画像です。
 
 
画像が有るのと無いのとでは、印象が全く違うんです。
 
視覚効果です。
 
もちろん、文中に画像を入れ込むのもとても効果的です。
 
ただ、毎回文中に画像を多く活用するのも中々大変ですから
アイキャッチ画像だけでも意識してみて下さい。
 
 
また、私が使っているワードプレステンプレート「BlogPress」では、
記事作成画面でアイキャッチ画像を指定するだけで、
自動で記事上部及びトップページの記事一覧部分で、
自動で適正サイズに調整された上で表示されます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このようにBlogPressでは、簡単にアイキャッチ画像を設定出来ますので、
ワードプレスでブログを運営されている方には、おすすめできるテンプレートです。
 
 
アイキャッチ画像や記事文中に画像を活用する際に役立つ
画像素材集も紹介しておきますね。
 
 
 
 
というわけで、今回は読まれやすいブログ記事を書くための2つの簡単テクニック
ご紹介しました。
 
参考にしてみて下さいね(・∀・)b